10%の勝ち筋

ポケットモンスター

[剣盾]S1使用構築

 

 

 

 

〇構築紹介

 

・ドラパルト @こうかくレンズ

ミミッキュ @いのちのたま

ナットレイ @たべのこし

トリトドン @とつげきチョッキ

・アーマーガア@こだわりスカーフ

・タチフサグマ@かえんだま

 

 

〇コンセプト

・対面寄りのサイクル

・全員に何かしらの起点回避を仕込んで対応範囲を高める

・2体で相手を消耗させ,ミミッキュorDMアーマーガアで抜いていく

・トリルで切り返してDMトリトドンを通す

 

 

 

 

◆ドラパルト

特 性:すりぬけ

持ち物:こうかくレンズ

性 格:おくびょう

実数値:175(92) - 126 - 103(60) - 133(100) - 96(4) - 213(252)

技構成:たたりめ/りゅうせいぐん

    とんぼがえり/おにび

 

・A156珠ミミッキュの火傷じゃれ+火傷かげ(=火傷ダイフェアリー)耐え

・無振りジャラランガ,ウオノラゴン等を流星群で確定1発

 

 

鋼との補完に優れるタイプと鬼火を持ち,高速で誤魔化し性能も備えるサイクルパ垂涎のコマ.初期環境が物理に寄っており,多くの初手対面で鬼火始動できると感じ採用.すりぬけでオーロンゲやエルフーンにも安定して刺せ,若干のハメ耐性もある.

鬼火が採用理由なので持ち物はこうかくレンズ.非常に弱い持ち物だが,基本的に外さなかったためあながち間違いではなかった.流星群が命中安定といっても良いのが嬉しい.

とんぼがえりはバンギラスに撃てないこともあり若干弱い技.だいもんじやふいうち,のろいも候補.

 

ラス1に残ると弱いため,使い捨て気味の運用が吉.フェアリーへの対面性能が著しく低いので,トゲキッスニンフィアとの対面は作らないようにしたい.またDM技は威力こそ高いが追加効果が弱く,パーティ内でナットレイに次いでACが低いためDMとの相性はあまりよくない.

 

 

 

ミミッキュ

特 性:ばけのかわ

持ち物:いのちのたま

性 格:いじっぱり

実数値:131(4) - 156(252) - 100 - x - 125 - 148(252)

技構成:じゃれつく/かげうち

    つるぎのまいトリックルーム

 

・相手のミミッキュにトリルを貼るとき,その後のかげうちを安定させるため準速

 

 

環境の最初は対応幅の広いPTを作るのが難しいので,様子見も兼ねて採用.トリトドンナットレイとの相性もあって切り返し手段にトリックルームを入れた.

このトリックルームの刺さりがえぐく,元々Sが早い奴らやパルシェンへはもちろん,あらゆるポケモンが嬉々としてダイジェットしてくるため,読み切れば有利状況の維持のみならず相手のDMによるアドバンテージを大きく削ぐことができる.環境初期であるためかトリルをケアできていないケースがかなり多かった.電磁波もダイジェット連打を許さなくできればいいかもしれない.

剣舞の枠はなんでもいいが,単体性能を高めるにはこの技が一番に感じた.珠ダメを食らいたくないときの技としても優秀.ブラッキー入り等にはダイフェアリーによるあくび耐性を生かしてエース運用することも.

 

DMは防御的に使うことが多く,あまりこいつに切りたくはないという感じ.今作のこいつの強みの1つとして,相手のDMをDMなしに処理できる点がある.ちなみに2回攻撃するときはダイフェアリー(130)×2<ダイホロウ(90)+ダイフェアリー(195).

唯一の先制技持ちなので性格はその火力を維持する意地っ張り.化けの皮ダメージが気になって耐久調整がしづらくASとしたが,トゲキッスギャラドスを抜けるこのSラインが助かることも多かった.

ドラミミのどちらかをサイクルに組み込む並びが個人的なトレンド.

 

 

 

ナットレイ

特 性:てつのトゲ

持ち物:たべのこし

性 格:のんき

実数値:181(252) - 114 - 201(252) - x - 137(4) - 22

技構成:ジャイロボール/はたきおとす

    やどりぎのタネ/のろい

 

・最遅

 

 

鬼火からの引き先の1つとして採用.ミミギャラへの後出しが不安定になったが,宿り木によるドラパルトのサイクル補助が強力.まもるが未だに強いが,長めのサイクルができるPTではないため詰め性能も持たせられる鈍いを搭載.残飯を持たせてナットミラーの役割も付与した.

草技はダイソウゲンこそ相性がいいが,レヒレの不在とギャラに通らなくなったことで若干優先度が落ちた.代わりに叩きを持たせ,サニーゴはもちろんドヒドやナットの回復を抑制したりと,雑に耐久ポケに後出しして一定の仕事ができるようにした.またダイアークはA1上昇で無振りドラパルトを落とせるため,鈍い後のDMで役割破壊を踏み倒せる可能性がある.

 

DMは主に炎技を耐えて強引に切り返す際の択.ダイスチルは威力130固定なので大体威力が落ちるが,ニンフィアには都合がいい.H振りをそこそこの乱数で倒せる.

全人類ダイバーンでナットレイを対策しているため,DMの切りどころは相手に合わせてしっかり考える.逆にDMを強要できると考えればなかなか良い.ちなみにバンギは積んでもまず受からない.

 

 

 

トリトドン

特 性:よびみず

持ち物:とつげきチョッキ

性 格:ひかえめ

実数値:215(228) - x - 99(84) - 143(140) - 108(44) - 61(12)

技構成:ねっとう/だいちのちから

    クリアスモッグ/カウンター

 

 

配分は結構適当.

ロトムギルガルドから毒が没収されたり,ウオノラゴン・パッチラゴンの一貫を切れたりして面白そうだったので採用.HBアーマーガアとの相性の良さもあったが,今はアーマーガアの型を変えてしまっている.

現時点では地割れが没収されており,ナットを崩せなくなった.

 

今作はクリアスモッグが強い.起点回避はもちろん,ダイアシッドでC上昇となるため,ダイストリームの雨と合わせてトリル下でのエース運用が可能となった.大地の力のほか,アーマーガアに負荷をかけられる熱湯とウオノラゴンへの遂行技としてカウンターを採用.

DMのHP上昇もあってカウンターが若干弱い.チョッキの採用理由もそこまでないため,他の持ち物にしつつ欠伸や自己再生にするか,チョッキのままならドリュウズを確定に持っていけるハイドロポンプが一考の余地あり.またれいとうビームは打ちたい相手がほとんどいないが,ダイアイスでドラパルトを霰込みで落とせるのでDM込みの対面性能を高めるなら選択肢.

 

上記の通りトリルからDMエースとしてのルートもある,優先的にDMさせたいポケモンの1匹.リザードンミミッキュの切り返しから大体起点にできる点が良い.ロトムが蔓延っているので,今後も活躍できそう.

 

 

 

 

◆アーマーガア

特 性:ミラーアーマー

持ち物:こだわりスカーフ

性 格:いじっぱり

実数値:175(12) - 149(228) - 131(44) - x - 109(28) - 112(196)

技構成:ブレイブバードアイアンヘッド

    ボディプレス/とんぼがえり

 

・スカーフ込みで最速100族抜き

・スカーフ+ダイジェットで準速+2パルシェン抜き

アイアンヘッドでH4ヒヒダルマを15/16の一発

・+1ブレバでB4ドラパルトを13/16の一発

・C152ドラパルトの140ダイバーン耐え,こちらDMでC120ドラパルトの140ダイバーン→晴れ下同技を耐え

・A142ウオノラゴンの頑丈顎先制エラがみを10/16耐え

 

 

自慢のDMエース.このポケモンの強みの1つとしてDM技の優秀さがあり,A-B-Sを状況に応じてある程度自由に積むことができる.積んだ後はミラーアーマーによって威嚇はもちろん岩石封じや凍える風も通さないうえ,耐性と耐久値,DM解除後のスカーフによる潤沢なSで高い制圧力を誇る.

A149が高いかどうかは人にもよるが,ダイナックルを積む猶予が多く飛行技の通りも良いのでそこまで気にならない.鋼技で弱点を付けるポケモンも体感多い印象.

トップメタに強く,とりわけドリュウズは完全にカモで好き放題できる.ロトムやアーマーガア,ドヒドイデに弱いため,ドラパルトやトリトドンで道を開けてあげたい.

 

持ち物は以下で色々考えられる.

 

S上昇とスカーフは別計算なので,1積み×スカーフ(2.25倍)>2積み(2倍)となり,ダイジェット1回のみでドラパルト等を抜くことができる点が強い.素の速さも優秀で,ヒヒダルマミミッキュを上からアイへで確定1,ドリュウズをプレスで確定2.デメリットも気にならず,汎用性の高さが売り.

4枠目はとんぼがえりの優先度が上がるほか,バタフリーが気になる場合はダイウォール化できるねごとも候補か.

 

DM勢御用達のこのアイテムは,不一致炎・電気技を受けることが多いこのポケモンにも相性がいい.とんぼがえりの枠を自由に選択できる点も強い.発動状況が多いと判断した場合に.

 

  • こだわりハチマキ

こだわりのデメリットが気にならないためこちらも一応候補.ドラパルトをブレバで大体1発に取れるためサイクルの負荷が大きい.DM中は優先的にダイジェットを積むことを意識することになる.

 

 

 

 

◆タチフサグマ

特 性:こんじょう

持ち物:かえんだま

性 格:いじっぱり

実数値:169(4) - 156(252) - 121 - x - 101 - 147(252)

技構成:からげんき/はたきおとす

    なげつける/ちょうはつ

 

雑に採用した耐久崩し.対低速,特にドヒドイデサニーゴへの性能が非常に評価できる.低速にしか出さないので意地っ張り.

空元気の火力はPT内最高で,H振りロトムを中乱数,H振りマホイップを確定1,H191-97程度のニンフィアをほぼ1発.H振りカバルドンをオボン込みでも余裕を持って2発など嬉しいダメージ.

ドラパルトとアーマーガアの蜻蛉から着地すると,2体が呼んだ耐久に負荷をかけていけるので相性がいい.叩き+なげつけるで残飯処理&スリップダメを入れることができ,ドラパの祟り目でも処理できるようになってタチフサグマを残す立ち回りも可能.

出すPTを間違えなければかなり暴れてくれる.

 

なげつけるとすりかえは一長一短で,すりかえは持ち物を奪いつつ火傷にできるのでお得だが,なげつけるはすぐに火傷にできる.これがかなり大きいので自分はこちらを採用.

挑発は対耐久だけでなくパルシェンなどの起点回避にもなるので優先度高めに感じた.インファイトでDMバンギを破壊できるのでやりたい人はぜひ.